竹村工務店のリフォーム担当のつぶやき


by takemurakomuten

<   2009年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

仕上げ段階に・・・


 工事も進み、 仕上げ段階に・・・

 内部の下地造作も終わり、クロス工事になってきます。


 まずは、

 
c0181026_740266.jpg


下地に 丁寧に パテ処理を施し、 

  クロス(壁紙)を貼っていきます・・・

c0181026_7422713.jpg



ここまで来ると  工事も残すところ わずかとなってきます。
[PR]
by takemurakomuten | 2009-03-27 07:42

工事は・・


 工事は どんどんと進み・・・

c0181026_1038413.jpg


 増築した部分の 外部工事や



c0181026_10392125.jpg


 内装の下地工事など・・・・



    工程表との にらめっこ 状態で 


         急ピッチで 進んでいきます
[PR]
by takemurakomuten | 2009-03-26 10:42

ちなみに・・・


 フローリングの下にある 薄いシート状の・・・

c0181026_13513912.jpg


 これが、電気式 床暖房の 熱源シート になります

 これにより コストを抑えた 床暖房が 可能です
[PR]
by takemurakomuten | 2009-03-25 13:52

床も・・・

 
 この現場の 最大の山であった 柱抜き が終わり、
 
 内装に入っていきます。


  床も・・・

c0181026_13483824.jpg



  フローリングを 貼っていきます
[PR]
by takemurakomuten | 2009-03-25 13:48

反対から見ると…


 反対側から見ると・・・

c0181026_1346582.jpg


     こんな感じになっています
[PR]
by takemurakomuten | 2009-03-25 13:46

かなりの・・・・


梁補強をし、柱を抜くことにより、



c0181026_13394782.jpg



かなりの、広がりと空間が確保されました
[PR]
by takemurakomuten | 2009-03-25 13:40

どんどん

 
構造的に必要なところを補強しながら、

 どんどんと 工事は進んでいきます


c0181026_9133399.jpg


床が、廊下・洋室・リビングと 3室で違っていたので、

1部屋にする為に、 基準を決め、まずは床のレベルをそろえていきます。
(ここの場合は、和室への入口を基準にしました)
[PR]
by takemurakomuten | 2009-03-12 09:15

ちゃんと・・・

覗いてみたら・・・

c0181026_1749230.jpg


 新たな 梁を入れてあげることで 柱が抜けるので・・・


c0181026_17495983.jpg



  梁を入れて、 柱を抜き・・・


     部屋に 広がりを もたせていきます
[PR]
by takemurakomuten | 2009-03-09 17:52

のぞき見て・・


 間仕切りを壊しながら、

   抜きたい柱が 抜いても構わないか??

   梁補強の必要性は??

                  などなど・・・・・・・・・



c0181026_955817.jpg



  家を はだかにしながら、

    構造などを のぞき見て 判断し・・・・・

c0181026_984574.jpg


 
  その場に適したやり方で ・・・・


        工事はすすんでいきます



 
[PR]
by takemurakomuten | 2009-03-07 09:08

はだかに・・・

まずは 既存の間仕切りを壊し

c0181026_1245766.jpg


   どんどん 家を 

          はだかにしていきます


 この時が一番緊張するときです


    見積もり段階で建てた仮説が 正解かどうか、

    今後の工事の進め方をどうするか  

                         などなど・・・


      すべては はだかをみて 決めていきます。
[PR]
by takemurakomuten | 2009-03-06 12:48