竹村工務店のリフォーム担当のつぶやき


by takemurakomuten

<   2008年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

仕事納め


 本日で 仕事納め となります


      毎年恒例の 飾り看板取付 完了です

c0181026_19595142.jpg

 

           来年も いろんな方との ご縁がありますように




   ちなみに・・・  年明けは 7日からの営業です



皆様に支えられながら、本年も無事終えることができそうす。

 来年もよろしくお願いします。
[PR]
by takemurakomuten | 2008-12-27 20:03

いよいよ


  いよいよ 今日が 仕事納め


     年末恒例の 最後の大仕事の 始まりです


c0181026_1733897.jpg



  今年は どうなるかな?
[PR]
by takemurakomuten | 2008-12-27 17:33

今日の


  空気が澄んでて 心地よく

c0181026_12302164.jpg



  今日の 風景です。




  今年も残り少なくなって、慌ただしさの中で、安らぎを与えてくれる
[PR]
by takemurakomuten | 2008-12-27 12:32

完了!!


  リビングと隣り合わせの和室を 1つの部屋にして 広く使いたい

 そんなお客様の ご要望を受けて始まった 今回のリフォーム工事
          工事完了 になりました。

c0181026_16145145.jpg


                 工事完了後の写真です

ちなみに、工事前は・・・
c0181026_16114489.jpg

                 工事前の写真です


今回、工事に伴い、収納も新しく作りました。

c0181026_16134340.jpg



収納内部のはこんな感じに仕上がっています。


c0181026_1614124.jpg


建具を閉メルト、こんな感じになります。



出来上がりを お客様に見てもらい、お客様の喜びの表情や笑顔が見れると
嬉しくなります。

この瞬間、

この仕事をしていて よかったな~~  と思える

  私の 至福のひと時です。


工事させていただき、ありがとうございました。

この縁を いつまでも・・・
[PR]
by takemurakomuten | 2008-12-26 16:27

丹念に


  クロスを貼る時は・・・


c0181026_13122370.jpg



  ローラーをかけ、丹念に、空気を抜いたり、しわをなくしたり・・・  
          
          慎重にはりあげます



 リフォームの すべての工事の中で、1番目につくところなので、丁寧に仕上げていきます


  どんなに見えないところ(隠ぺい部)を慎重にやっても、
         
    ここで手を抜くと すべてが台無しになってしまう気がするので・・・
[PR]
by takemurakomuten | 2008-12-25 13:28

残すは


 工事も 仕上げ段階に入り、 クロス工事へと進んでいきます。

 クロス貼りは、その下地処理が大切で・・・


c0181026_14662.jpg



出隅には 出隅用のコーナーを取り付け、下地調整の為に、パテ処理を施していきます。
[PR]
by takemurakomuten | 2008-12-24 14:08

こんな感じで



収納の 内部造作が出来上がりました


  こんな感じの 仕上がりです

c0181026_12205847.jpg



左側の収納スペースは
 可動棚と 洋服掛け用のハンガーパイプ 


真中は 
 中段と上段を設け、重い物が載せれるように、棚桟をまわしてあります

右側は 
 長尺物を入れれるように 上段だけにしてあります



 この後の工事は、仕上げ段階へと 進んでいきます。
[PR]
by takemurakomuten | 2008-12-19 12:28

 昨夜は 当社の 忘年会がありました。

c0181026_1216159.jpg





集ってくれたメンバーは
総勢48人


こんなに多くの職人さん達に
支えていただいているおかげで やっていけてるんだな

と改めて痛感させられ、

  皆さんに 感謝・感謝です


これからも チーム竹村 として

 お客様に喜んでいただけるよう 協力し合っていきたいと
                      再認識させていただきました


これからも 力合わせて 頑張っていきましょう!!!

 
[PR]
by takemurakomuten | 2008-12-18 12:42

どんどんと・・・

  日々、工事はどんどん進んでいきます


c0181026_1550040.jpg




  和室入口建具とその上の下り壁を撤去し、
  
  既存のリビングと和室の 天井高さをそろえ、


  奥に 新たな収納を作成中です。
[PR]
by takemurakomuten | 2008-12-17 15:50

リフォーム工事の見積をしていると、

お客様に、 
思ってたより高い!!

他社より高い!!

     といわれる事がある

今回の現場では、そんな事はなかったが、

わかりやすい例になりそうなところがあるので 紹介させてもらいたいと思います。


c0181026_1851232.jpg



ソファーの後ろの、廊下から入る壁、 これを塞いで欲しいとの依頼でした。


もしかしたら、お客様は、既存の出入口建具や木枠を撤去し補修すればいいから・・・
という程度で依頼されていたかも知れない。

今回は ほかの工事のとの繋がりの中でできるから楽なのですが、
例えば、それだけの工事で 見積を依頼されて、工事見積をしたとすれば、


既存の出入口建具や木枠を撤去し補修はもとより、

廊下や室内のクロス補修が出てきます。
クロス補修の場合、経年劣化などの影響もあり、既存と全く同じ色柄クロスが探せない為、
室内や廊下の全面、もしくは、お客様に我慢していただき、類似柄で、入隅~入隅までのクロスの張り替えになります。
(この部分で、お客様は壊したところだけと思われている場合が多く、見積が高く感じる要因の一つになります)

あと、お客様も、同業種の営業マンも忘れがちというか、よく他社さんの方が安いといわれながらも、工事内容を説明させていただくと、

見落とされていがちなのが、

建具撤去後の巾木補修

室内照明スイッチの移設です。

建具撤去後の巾木補修に関してですが、廊下部は既存の巾木があり、建具を撤去し、その部分を壁にしたら、新たに壁にした部分にも巾木が必要になってきます。

クロスの色柄あわせの補修と同じように、
経年劣化や既製品の製造シート色などの影響もあり、既存と全く同じ色柄の巾木が探せない為、
廊下の全面、もしくは、お客様に我慢していただき、類似柄で、入隅~入隅までの張り替えになります。


室内照明の移設に関してですが、
この部屋の場合も、写真にあるように、部屋に入った所に、室内照明のスイッチがあります。

これを、このままにしておくと不便なので、別の入口の所に移設するようになるのですが、

その為には、配線振り回し経路を開口し、新たに必要な場所に 持っていく必要があるのですが、 

そこには当然、配線振り回しに伴う下地の開口空けや塞ぎ、

配線振り回しの為の電気工事

などが必要になる。

そうなると、そこで、電気屋という新たな業種の職人を連れてくる必要になり、
1業種の職人が増える分、見積金額は万単位で高くなってしまう。

っていう事は、 

悲しいかな、ちゃんと見積った業者の方が 高いと 言われてしまう

                                  結果になりかねない。



私は思います。

人と人のつながりのなかで、人が行う工事だから、

 
まずは、

  お客様との信頼関係を築けるようになりたいと。


  お客様が、こいつに工事依頼したい と思ってもらえるような
                    経験や知識を身につけたいと。

[PR]
by takemurakomuten | 2008-12-16 18:42